11/09/2016ゆうかさん  まゆみさん  スクール記事

53954028081433

年明け宮崎tripは 1/14・15・16でーす
今日の写真は今回お邪魔する日南海岸の写真だよ

どんな波に乗れるか楽しみですねー
wetスーツはジャージフルスーツ!!!
日南では通年ラバーつまり
ゴムのwetは使用しないそうですよー

11092016ゆうかさん823

この日のschoolは自我流で始め
schoolを受けるのは初めて!
とおっしゃる ゆうかさんでした

ビデオ分析して発見!!!!
ゆうかさん概ねのtakeoffに
しゃがみ癖があります

11092016ゆうかさん1123

1枚めと2枚めの写真は異なるのですが
やはりまず、しゃがんで波のspeedを
受け止めています

surfingは落下するスポーツなので
落下で受けた体重を膝で拾うことが望ましく
しゃがんでしまうと
次の動作に入る際の膝を使えません

うーまずはここが改善点ですね

11092016ゆうかさん1234

はい、しゃがんだ後には体勢が変わり
横へ滑れています、これは大丈夫です

ので波の上から下へ下がる際に
膝を使い体重を板の横
railにかけてみましょう

つまりしゃがまないで始めから
この動作に入れることを行ってください

11092016ゆうかさん1323

バックサイドでも同様に
膝に体重が乗り切れず

どちらかと言うと
お尻に体重がかかってしまっています

膝とお尻との異なる掛け方は
難しいとは思いますが
surfboardの横
railに体重を乗せる意識が大切です

11092016ゆうかさん1523

もう1点は視線です
行きたい先が前なのか横なのか
わかり難いので

たぶん本人は横へ行きたいのに
前を向いてしまうか無意識かと思いますが

ゆうかさん横へ滑れていますので
もっと強く斜面を見て頂ければ
noseの向きが変わる
と思いますよ

11092016後藤さん123

まゆみさんは試合に出る腕前ですから
takeoff動作速く
speedも感じるスタートですね

波は高い場所から落下するので
前足加重にした方が更に速度は増します

11092016後藤さん223

後ろ足後ろに手と
無意識に後傾となり体重を残している
可能性があります

もう少し前傾前足加重となり
前足に体重を乗せてくださいませー

11092016後藤さん323

この状態でようやく膝に体重が乗る
やや前足加重ですが
今度は両手が後ろとなり
またまた前への加重となり切れず

どちらかと言えば
後ろ側のrailに体重が掛かりがちです
手はリードの役目となるので
前の手は行き先へ運ぶとよいでしょう

11092016後藤さん623

ターンをする場合はboardの向きを変える
軸となる場所で後ろ足に体重を残すことは正解です

方向転換する場所では
波から落ちるspeedを一気に使います
後ろ足をキックし飛び上がるほどで
板は波の上へと上がるでしょう

11092016後藤さん723

正直に申し上げますと
上がるpower使い切れてなく
タイミングも遅いと思います
前の写真の時点で波の上へ上がり
波の崩れるこの写真時は波と一緒に降りる

つまり波をよく見て波に合わせた動き
更に望ましいと思います

みなさん課題はそれぞれですが
少しづつの意識で徐々に改善されると思います
頑張ってくださーい、応援しております

proサーファー塩谷あずさ(fallfororeo)

お問い合わせ  azusashiotanisurfingschool@gmail.com

スクールHP        http://azusa-shiotani.com/

alohagirl HP   http://alohagirl.azusa-shiotani.com/

カテゴリー: サーフィンschool女性指導者, サーフボードの横 railに体重移動しよう, 中級者向けスクール, 前足加重, 斜面を滑ろう, 湘南サーフィンschool, 視線, 2016年, 2016年11月, alohagirl, az サーフィンスクール proサーファー 塩谷あずさ(fallfororeo), fall for oreo   パーマリンク